医療法人社団 土田病院 札幌市 中央区 総合病院 救急指定病院 第10回日本PTEG研究会学術集会
札幌市中央区の総合病院 土田病院
当院の理念・院長からのごあいさつ
診療科・外来受診のご案内
診療スタッフのご案内
施設ガイド
診療ガイド
専門外来について
PEGネットワーク
入院について
療養病床について
セカンドオピニオンについて
土田病院へのアクセス
土田病院ニュース「輪」
健康診断・人間ドックについて
看護部のご紹介
スタッフ募集

第10回日本PTEG研究会学術集会へのご参加、ご支援、誠にありがとうございました。
ご挨拶
各位

謹啓
 この度は、第10回日本PTEG研究会学術集会の開催にあたり、皆様方には多大なご支援をいただきまして誠にありがとうございました。
 社会情勢が難しい中での開催の運びになりましたが、おかげ様で遠方にもかかわらず、全国から約140名の多くの方々のご参加をいただき、参加者による多くの意欲的な発表や討論、活発なシンポジウム、また嶋尾先生の特別講演もいただき、大変有意義な研究会となり、無事に終了することができました。
 これも、ひとえに皆様方のご協力の賜物と大変感謝いたしております。
 さて、平成17年にPTEG(経皮経食道胃管挿入術Percutaneous Trans-Esophageal Gastro-tubing )が保険適応から外されましたが、幸いにも昨年9月に念願でありました薬事承認が得られ、本年4月には保険診療承認も決定いたしました。
 ひとつの節目といえる記念すべき第10回の本集会が今回のテーマである「PTEG復活の狼煙(のろし)」のごとく、新たな出発の礎となりましたことに、大きな喜びを感じております。
 当手技の経管栄養法、腸管減圧法での有用性は既に確立しており、特に緩和医療においては唯一のfirst line手段に位置付けられる場合のあることが知られています。従って今回の保険再適用を機に本法の応用を学ぼうとする医療者はますます増加すると思われます。
 本集会での活発な議論が、今後のPTEGの在り方に一定の方向性を示すことができれば幸いです。
 今後とも、引き続きPTEGの普及のために、御支援のほど、宜しくお願い申し上げます。

謹白

平成23年8月1日
第10回日本PTEG研究会学術集会
当番世話人/平田公一(札幌医科大学第一外科教授)
当番幹事 /土田 茂(医療法人社団土田病院)
▼当日会場のようす
第10回日本PTEG研究会学術集会 開催概要
▼ポスター *クリックすると拡大します。(GIF画像データ)
▼プログラム *クリックするとpdfデータが開きます。
日本PTEG研究会オフィシャルホームページはこちらからご覧になれます。




医療法人社団 土田病院
 〒064-0921 札幌市中央区南21条西9丁目2-11
お問合せ
TEL.
011-531-7013
Copyright(c) Tsuchida Hospital All Rights Reserved.